危うきに近寄らず
1

JUGEMテーマ:つぶやき。

屋敷や土地のお祓いはウチでは「「頼まれたらすぐやります」ではない。占断してお祓いの是非を判断してからの対応を取らせてもらってます。何故か?「お祓いは万能じゃないから」

 

こう言ってはなんですが、ウチは本尊の大威光と積年の行力で、そこいらの寺社など凌駕する祈祷力の自負はある^^;。でも「こりゃムリだ」と感じることや、占いが無理だ出来ないゾ、という事も。基本、そんなのには手を出さない。祓えないだろうし、布施に見合わない障礙を蒙るリスクも大きい。世の中には「手に負えない邪気」の場所があるンです。

 

そういう人には引っ越しをお勧めします。貴方の家は祓い切れない、ご近所も似た様な筈だ、引っ越ししろ、と申し上げた人。住宅ローンがまだン千万残ってる、に買い手がつくようにと祈祷されて、ちょうどチャラになる買い手が現れてお引越し →長年の家内の問題が一掃でした。

 

この方は、旧地で信仰されていたお寺に遠路来てもらってお祓いをして建てたという・・ウソでしょ()なぜあんな露骨な心霊現象出てんのよ?でした。後日「先日耳にしました、あの場所、昔の処刑場の跡だったらしいです」とのご報告((;゚Д゚)))。なによりも先ず「君子危うきに近寄らず」まず地相が大事!というのはソコです。

posted by: chimyo | 法話 | 22:01 | comments(0) | - |