Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
LINE公式アカウント
友だち追加
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
全てが縁次第のコワさ;
1

JUGEMテーマ:占い・開運

一昨日の続き。

 

生きるとは「他を取り込むこと」。そう思えば、その「関わる他」の「質」は極めて大事なファクターでしょ?

 

食べ物なら「産地肥料こだわり」と「外国産安かろう」では、健康と病気リスクが違うし、

 

服なら「シッカリもの」と「スーパー安物」では、見られる印象も持ちも別物だし、

 

教育なら「関わる教師」によって、才を伸ばす子もいれば、人格を潰される子もいる、

 

医者なら「ドクターX」にかかれば死ぬのも生きるし(笑)、逆にヘボなら生きるはずも死にかねない;

 

弁護士なら「黒でも白にする」剛腕もいれば、「ヤル気あんのか」みたいのでは勝つのも負ける;

 

土地ならド田舎に住むのと都会では、利便も老後の在り方は別物になる。

 

そして、関わる人が上昇の氣を持っているとか、自分を高位に導いてくれるなら、出会うことでその人の人生は飛躍になるでしょう。逆に、ウマい話とかヘンな同情とかで出会い深く関わるなら、その人の人生は坂道転げ。

 

だから、相性占は重要だ、というのです。出会い選択の連続が人生ですから全てに吉を選べるわけはないですが、可能な限りで吉凶を知り得たら、もう少し人生が楽になるはずデス。先に吉凶を知ることの是非は占いに向けられる問題でもあるところですが、釈尊は全ては「縁」次第だ、と言いました。縁の吉凶を慮る、たかが占い?いや、賢明な生き方であると思いますけどネ。

 

 

posted by: chimyo | 占い | 23:58 | comments(0) | - |