chimyoのblog

ご祈祷のお坊さんだから分かる仏教や祈りのつれづれ&気ままな雑記
<< ちょっと考えれば分かる | TOP | 腹がへっては成仏できぬ、って >>
あの世の壁
1

JUGEMテーマ:仏事

 

食=供物を欠いては供養にならない、と言うけれど、それって盂蘭盆経の話と違うンじゃない?と思われた人、鋭い!

 

そうです、目連さんは釈迦弟子ナンバーワン自慢の神通力でも、あの世のお母さんに食べさせられなかった。これと阿難さんの話が供養の起源と有名ですが、実はこれだけじゃない。街中に現れた餓鬼=本当は死霊の事=が食を乞い、人々が与えても食えずに釈尊に方法を尋ねる話が多々あるのです。翻訳されてるので興味の方はご一読を。

 

つまり「死霊に現世の食は食べられない」のです。一見四水・・「水」は人には飲み物だけど、天人には瑠璃の床、魚には住み家、餓鬼には燃える膿である、言いますし。次元が違ったら別物になる、そりゃ届くはずもないか。

 

でもコレ、ちょっとショックなことになりますよ‥供ただけじゃあの世に届いていない」のですから。仏説の対処法は「修行僧を供養して功徳を廻らせ」でした。それは分かる、でも、徳の有る坊さんそんな居る?そして、亡き人にコレを食べさせたい、のも人情でしょう。何か方法は無いの?・・そこに説かれたのが「陀羅尼法」です。さて、次元を超えましょうかw

 

 

| 気まま私見ぶつじ | 22:39 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする