chimyoのblog

ご祈祷のお坊さんだから分かる仏教や祈りのつれづれ&気ままな雑記
<< あの世の壁 | TOP | はえぐけぇれってかw >>
腹がへっては成仏できぬ、って
1

JUGEMテーマ:仏事

あの世では食が異なる、のは実は昔からよく知られた話。人が死んで49日間は御香を絶やすなと言いますが、これはいわゆる霊体が「香」を食べる存在とされるため。※それを思うと香も読経も絶えて、骨を家に置かれて肉魚臭に晒された故人は、あの世で悲惨なことになってますな。

 

ただ、同じ死霊でも餓鬼は「食い物」を(食えるようにして)くれ、なので、やるとすれば現世の食物を餓鬼次元に変換すること(+餓鬼をも変性させるのですが)。普通には無理なその術はただ、陀羅尼法(=大成して真言密教)の中にある。陀羅尼法は端的には、仏秘密の印真言で次元を超える法、と言えるかも。

 

霊界への食の施しも、次元を超える「密教の印言加持」で可能になる。でもこれはプロの作法。在家で出来る事は?お供え物をしたら仏様のご真言をお唱えしてください。真言の功力に加持を願う。般若心経は経自体が陀羅尼ですからコレも良い。宗派は関係ないですよ。簡易ですが、ただ供えただけとはご先祖の受容も違ってくるはず。

 

仏教の道理と長年の経験からすると「供物は加持しなければ届かない」。密教行者には自明ですが、そういう事檀信徒に言うお寺さんとは出会ったことがない。寺も在家も供養のリアルを分かっていないのかな。心の問題、と済ますようでは薄っぺらいね。

 

整理しますと、普段のお供えは「上等な御香」と「良き香りの供物」を意識するように、そして真言をお唱えする。これだけでも仏前の質はガラッと変わりそうです。お盆の今日からさっそくされてみては(^^) 

※ただしこれは在家で出来る範囲に過ぎません。時折には供養を理解しているプロのお寺でのご供養もされてくださいね。

 

https://r.goope.jp/henjoin

| 気まま私見ぶつじ | 20:37 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする