Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
それは勘弁して欲しいヤツです
1

JUGEMテーマ:気になること

 

前回続き。大師は原因の2つ目めは「天罰」だと。この言いには、ヒェ〜💦と思うかもしれません。が、これは人々の不徳もそうですが、為政者=「政治を行なう者」の「不徳」への罰なのだ、の意が大きい。

 

天人相関説といって古代にはごく自然な考え方だったようです。ですが、これは俗説だけじゃなく経にも書かれている仏説でもあります。

 

有名な仁王経(にんのうきょう)には、なぜ天地に災難ありや?に、人が孝行を忘れ、勝れた人や出家修行者を敬わず、国王大臣らが外道を受け入れて非法を罷り通し自分達だけで享楽するから、と言う。そして「大王、国を破る因縁は皆、汝、自らなす也」

 

更に、国が乱れる時には先ず鬼神(死霊と神)が乱れ、それによって人々も乱され、マトモでない事件が多発して万人が疲弊する。国王(政府)と王族と役人らは利権に明け暮れ、天変地異が起こる、と。・・それにつけても今の日本を見たかのような記述(-_-;)

 

自然災害は時運だ、大師はそう言いつつも、仏説の天罰も第二の原因としてある、と言う。第一の時運と矛盾しているようですが、それは「為政者への戒め」という理由だけではない、やはり看過できない真実をこの経に見たからと思うのです。それは・・

posted by: chimyo | つれづれ雑記 | 23:31 | comments(0) | - |